「靴」で健康になる

歩くだけでツボを刺激し健康を増進させるエッチ・ピー・エスが独自に開発したインソール(中敷)

エッチ・ピー・エスの開発にあたってのテーマは「健康」です。
運動とは別に、もっと日々の生活と健康を結びつける事は出来ないだろうか。そこで着目したのが『靴』でした。
『第二の心臓』と言われる”足”を毎日覆っている”靴”に、体によい付加価値を付けることが出来ないか・・・
そこで着眼したのが、インソール(中敷き)の突起です。
鈴鹿医療科学大学鍼灸学部教授の佐々木和郎教授との共同開発を行い、履いて健康を目指すエッチ・ピー・エスのインソールが誕生しました。

インソールが刺激する足裏のツボの場所

エッチ・ピー・エスのインソールは、経穴でいう「湧泉」(腰、下腹部、足の冷え性や痛みなどの血行不良に効くツボ) 、また主に胃、小腸、大腸の反射区を刺激する形状になっています。これにより、下半身と下腹部の血液循環が良くなり、血行を促進し、健康を増進できます。

足の中央上部にある湧泉(ゆうせん)のツボは疲れを癒すツボで有名です。
歩き疲れ、立ち疲れなど、足の使い過ぎによる筋肉疲労の回復によく効きます。

他にも、胃・大腸・小腸を刺激。消化器系の働きを活発にします。
特に腸の働きが活発になりますと、便秘の解消が促されます。

便秘解消や立ち疲れ、歩き疲れから解放します

エッチ・ピー・エスのインソールは、経穴でいう「湧泉」(腰、下腹部、足の冷え性や痛みなどの血行不良に効くツボ) 、また主に胃、小腸、大腸の反射区を刺激する形状になっています。これにより、下半身と下腹部の血液循環が良くなり、血行を促進し、健康を増進できます。

足の中央上部にある湧泉(ゆうせん)のツボは疲れを癒すツボで有名です。
歩き疲れ、立ち疲れなど、足の使い過ぎによる筋肉疲労の回復によく効きます。

他にも、胃・大腸・小腸を刺激。消化器系の働きを活発にします。
特に腸の働きが活発になりますと、便秘の解消が促されます。

佐々木和郎教授による、H.P.S.インソールの解説

H.P.S.の開発にあたってのテーマは「健康」です。毎日『第二の心臓』と言われる”足”を覆っている”靴”ですから、何か体によい付加価値をつけられないかと・・・そして着眼したのが、インソール(中敷き)の突起です。

では、なぜ便秘になるのでしょうか。
その原因の多くは腸の働きが弱いところにあります。最近の食べ物は西欧の影響を受けて柔らかい食物が多く、大腸や小腸があまり活躍しなくてもよいようになりました。昔は繊維質のものや硬い物が多かったので胃も腸もがんばって運動していましたので、便秘の女性は大変少なかったのです。

H.P.S.のインソールには、胃・大腸・小腸を刺激する突起がついています。
それらの部位を刺激してその働きを活発にし、消化器系の中でも腸の働きが活発になりますと、便秘の解消を促進します。

佐々木和郎 教授

佐々木和郎 教授

株式会社エッチ・ピー・エス顧問
鈴鹿医療科学大学鍼灸学部教授

「鍼灸医学前線」(1997)
「鍼灸臨床医学各論」(1990)

足ツボを刺激する中敷き
手縫い製法へのこだわり
素材へのこだわり
機能が活きるデザイン性
H.P.S.オンラインショップ
  • お問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ:092-692-9241
  • お問い合わせフォーム
  • 韓国語ページ